2011年12月20日火曜日

アンケート

本日某大学にて、2回生の学生さん対象に、絵本の読み聞かせ+アンケート調査を行ってきました。ご協力いただいた学生の皆さん、本当にありがとうございました。「絵本を通じた教育機関へのこころの病に関する啓発事業」の運営や絵本の第二版製作の貴重な参考資料として活用させていただきます。ちなみに、この絵本を色で表すと何色か?と言う質問もあるのですが、驚くほどみんなバラバラ、ある色に偏りがでません。統合失調症の病態が多種多様であることもその理由の一つではあるのでしょう。それにしても、ある他者の体験に対する人の感じ方というのは、これほどまでに違うのかと、単純に驚きです。他者からある同じ体験を聴いたのに、ある人は「明るいオレンジ」と答え、ある人は「どこか救いのない感じ。灰色」と答えるのです。支援者の「この方はこんな病気でこんな風にしんどいねん」そんな決めつけが、いかに無意味か、改めて考えさせられました。