2013年11月12日火曜日

3.11から2年半、今、障がい者は、どうしているのか?

どなたでも参加可能なオープンな研修会です。 ぜひご参加ください。


平成25年度 神戸市精神障害者復帰施設連盟 第2回研修会

 「3.11から2年半、今、障がい者は、どうしているのか?」
 ~被災障がい者のその後の生活と現状の課題・本当に必要な支援とは~


■講師  古市 貴之 氏  (社会福祉法人希望の杜福祉会   
                  相談支援事業所 結いの里 相談支援員 )
 
 【講師プロフィール】  事業所は、福島県双葉郡楢葉町にあり福島第一原発から15キロ地点に
  あった。 震災直後から事業所利用者と共に、法人本部がある福島県いわき市で数カ月の避難
  生活を送る。 その後いわき市で相談支援事業所を再開。

■日時 平成25年11月16日(土)  午後2時 ~ 午後4時

■場所 健康ライフプラザ研修室   <住所>神戸市兵庫区駅南通5丁目1番2-300号  
                       <電話> 078-652-5201

■主催 神戸市精神障害者社会復帰施設連盟 

■参加費 無料  

 *平成23年度研修会にて同氏のお話しを伺いました。今回の研修会では、その後の状況に
  ついて 再びお話しを伺いたいと思います。多くの方のご参加をお待ちしております。               

 【申込み・問い合わせ先】 神戸市精神障害者社会復帰施設連盟 事務局                アルブル夢野(中村) 電話(078)511-3273   FAX(078)511-3822